クラウド初心者のためのクラウドストレージ講座

クラウド

いろいろなクラウドサービスがあるなか、クラウドの入門には「クラウドストレージ」を使いこなすのが近道です。

クラウドストレージを使えば、PCやスマホのバックアップを取れるだけでなく、大事なファイルの紛失も防げたり、セキュリティーの面でも安心して使う事が出来ます。ビジネスの面でもプライベートでも本当に役に立つ、クラウドストレージぜひ多くの方に利用してほしいですが、クラウドストレージを使った事がない、使いこなせていないという方のために、クラウドストレージとはどういうものなのか優しく解説します。

クラウドストレージとは?

「クラウドストレージってよくわからないけど、iPhoneの写真を保存してくれるiCloudとか無料で使えるファイルの保存スペースでしょう」?と思っている方も多いようです。またDropboxやGoogleドライブなどの無料アカウントは持っているけど、単純にファイルの保存場所と思っている方も多いようです。多くの方は利用頻度も少なく、よく分からないままになっている「クラウドストレージ」実はもっと大きな可能性を秘めた、あなたの賢いパートナーになり得るものものなのです。

upload-3406226_1280.jpg

ストレージとクラウドストレージってなに

ストレージそのものの意味は「貯蔵」「保管」「倉庫」などの意味ですが、もちろんここではハードディスクなどの「記憶装置」を意味しています。つまり、クラウドストレージとは「インターネット上に存在するファイルを保存できる記憶装置」と言う事になります。またサービスそのものを指す場合もあります。
しかし物理的に手元にあるハードディスクなどのストレージと、インターネットでつなぐ目に見えないストレージ一体何が違うのでしょうか。

ストレージとクラウドストレージの違いとは

PCのハードディスクやUSBドライブ、外付けハードディスクなどのストレージは通常目に見えるところに存在し、いつでも手に取ることが出来ます。持ち歩くことも出来れば、操作も比較的簡単にできます。反面クラウドストレージはインターネット上に存在する記憶装置ですから、手にすることも出来なければ、持ち歩くことも不可能です。インターネットへの接続なしにアクセスすることも出来ません。しかし両者は情報を記憶する装置であるという意味では、そもそもは同じものと考えてよいでしょう。しかし「クラウドストレージ」はインターネット先の遠くに存在するまさに「雲の上」「雲の先」の存在なのです。

しかしその一見目に見えない「クラウドストレージ」はインターネットさえあればいつでもアクセス出来るという特徴から、ハードディスクに比べて利用価値はぐっと高くなり、可能性は大きく広がります。その前にまずはハードディスクそのものの特徴を見てみましょう。更にそれぞれのメリットデメリットから違いを比べてみましょう。

【ストレージの特徴】

クラウドストレージが普及する前は、保存先をあえてUSBドライブや外付けハードディスクなどの外部記憶装置にしていた方も多いのではないでしょうか。物理的に手元にある記憶装置の方が当然読み書きがはやく、処理のスピードが速いと言えます。インターネットへの接続が必要なクラウドストレージの場合、インターネットに接続する環境がない場合、読み書きもできず途方にくれてしまいます。またネット環境があったとしても、回線が遅かったり、不安定な場合、当然読み書きは遅くなります。
ハードディスクやUSBドライブなどの記憶装置の場合はそういった心配もないうえ、読み書きのスピードもほぼ一定と言えるでしょう。

但し、一度PCのハードディスク上に保存したファイルのバックアップを取ろうとする場合、外部ドライブへ再度保存作業をしなければなりません。バックアップの為に保存の作業が2度発生します。慣れてしまえば気にならないかもしれませんが、大量のデータ処理の場合などバックアップは手間になりかねません。

5d45e84bbef0453b053b0600d94ce457_m.jpg

【ストレージのデメリット】

みなさんも経験がありませんか?PCを触っていたら急に画面が真っ暗になってしまった事?
エクセルを触っていたらファイルが壊れてしまったこと。
ハードディスクなどのストレージの怖いところはある日突然クラッシュしてしまう可能性があると言うことです。もしPCが突然壊れてしまったとか、作成中のファイルが壊れてしまったらすべてそこですべてを失ってしまう事がほとんどです。
大事なデータの場合、専用ソフトで復旧作業を試みたり、業者に発注して高い費用をかけ、失ったデータを取り戻すことになるでしょう。それでもすべてを取り戻すことは不可能に近いものです。そのために外部ストレージにバックアップを取り続けるのが習慣になっているという方も今でも多いものです。そしてそのたびにバックアップ保存という二度手間を強いられることになるのです。

【クラウドストレージのメリット】

ハードディスクの読み書きの速さにはかないませんが、近年通信環境が整備されたことでクラウドストレージでのバックアップは実はかなりスピーディーになっています。実際試してみると分かりますが、ハードディスク上で保存した直後にクラウド上のバックアップファイルもほぼ同時に保存されていることに気づかれるかと思います。今やネット環境さえあれば、クラウドストレージは距離や時間を感じさせない「ほぼ手元にあるハードディスクと同じ」処理能力を持っています。さらにいろいろなメリットもありますので、クラウドストレージのメリットを整理してみましょう。

ハードディスクなどのストレージの購入不要

クラウドストレージのメリットは何と言ってもハードディスクなどの外部記憶装置がなくとも、物理的に遠くにある記憶装置がファイルを保存してくれることです。ネット環境さえあれば、もう外付けハードディスクやUSBドライブを持ち歩く必要はありません。

いつでもどこでもファイルを読み書きできる

ハードディスクや外部ドライブなどに保存したファイルは、インターネットさえあればどこでも読み書きが可能になります。USBドライブや外付けハードディスクを持ち歩く煩わしさから解放され、外出時の荷物も減らせます。

セキュリティー面での安心

USBや外付けハードディスクにバックアップを取って持ち歩くことほど危険なものはありません。クラウドストレージなら持ち歩く必要もなく、強力なセキュリティーで保護されているケースがほとんどです。外部からの攻撃を気にする必要もなく、個人情報漏えいも防ぐことが出来ます。

容量が大きい

多くのクラウドストレージは大容量のプランを用意しているため、大量のデータを保管することが出来ます。USBドライブなど容量が多いほど価格も上がり、買い直しなどの必要が迫られますが、クラウドストレージのサービスの多くは月額料金で気軽に利用が出来、料金もリーズナブルです。但し無料のサービスだと、ほんのわずかな量しか利用できないこともありますので注意しましょう。

いかがでしたでしょうか。様々な面から違いを見ていきましたが、ぞれぞれの特徴やメリットデメリットなどから、違いがよくわかったかと思います。ビジネスに大変便利なパートナーとしていずれかのサービスの利用をおすすめします。プライベートでもスマホに大量に写真を保存している場合など、バックアップにとても便利です。大事な写真や動画、音楽ファイルなど容量のあるものもクラウドストレージに安心してキープしておくことが可能です。

cloud-3332500_1920.png

 

クラウドストレージを使ってほしいこんなシーン

こんな便利なクラウドストレージですが、どんな場合に使うのがおススメでしょうか。面白い使い方、意外な使い方などご提案させていただきます。

ワード・エクセル、写真などのファイル共有に

ビジネスやプライベートでワードやエクセルなどのファイルを共有するとき、また大勢の集まりの時にみんなで取った写真を共有するときどうしていますか?ファイルが小さい場合はメールに添付でも大丈夫ですが、ファイルが重い場合は共有するのにUSBメモリを貸し借りすることもありますね。

クラウドストレージなら、共有も簡単です。多くのサービスでは共有するファイルの場所を相手にお知らせすれば、たくさんの人に一度に共有することが出来ます。USBメモリやSDカードに写真を入れて貸してあげた後、帰ってこなかったことはありませんか?クラウドストレージのファイル共有機能を使えば、帰ってこないからと心配する必要もありません。動画や音楽ファイルなども共有機能であっという間にシェアすることが出来ます。

 

古い写真やビデオテープなどアナログの思い出保存に

小さい頃の思い出のアルバムや、子供の成長を収めたビデオテープ、動画など今何がどこにあるか分からなくなってしまっていませんか?そんな方は一度整理してすべてデジタルファイルにして保存しませんか?まずはすべてのアナログデータをデジタル化することに注力します。自力で再生できないカセットテープやビデオテープなどはデジタル化してくれるところにお任せしましょう。写真はフィルムが存在すればフィルムスキャナを使ったりなるべく手間をかけずデジタル化するようにしていくのがおススメです。デジタル化が終わったら、ファイルは一度PCなどのハードディスクに保存して置きましょう。その後クラウドストレージにバックアップを置いて永久保存のデジタルアーカイブが完成です。クラウドストレージ上のファイルは遠く離れた家族とも簡単に共有できるので、非常に有効に使うことが出来ます。クラウド上にさらに写真や動画などをアップして、新たな家族の歴史を刻んでいくのもまた楽しいものです。

storage-3519542_1920.jpg

溜まる一方の手書きデータの整理に

例えば美容院などのサービス業などでお客様に記入してもらう「情報カード」など手書きデータ。長年蓄積した顧客情報をお店の倉庫にそのまま入れておくのは少々心配ではないでしょうか。紙データはできればデジタル化して安全な場所に置いておきたいもの。紙データは万が一の紛失や消失もあり得ます。できるだけ今の段階で簡単にできる紙のデジタル化をおすすめします。そうしておくことで将来顧客管理をデジタル化する際も、移行がスムーズになります

クラウドストレージは初めての方でも簡単に利用でき、安心安全なクラウドサービスであることがご理解いただけたかと思います。ビジネス、プライベートにぜひクラウドストレージの便利機能を使って、デジタルデータのバックアップやアナログデータの整理にご活用ください。

インターネットファックスを30日無料でトライアル!


efax.png
全国の市外局番が選べ、どこでも使える便利FAX

インターネットファックスeFaxバナー

jfax.png
FAXの利用が少なくコストを抑えたい方へ。東京03番号が使える!

インターネットファックスjFaxバナー